Q&A

QA

  • e_inquiry_100ホワイトニングとは?
  • e_inquiry_101
  • 歯を削らずに薬剤(ホワイトニングジェル)で歯を明るく白くする治療です。歯の表面だけをキレイにするのではなく、内側まで働きかけます。

 

  • e_inquiry_100歯が変色する原因は?
  • e_inquiry_101
  • 様々な原因が考えられます。コヒー・紅茶・タバコ等による変色の場合、色素が歯の内部にまで取り込まれることにより、歯が黄色く見えてしまいます。また、加齢がによる変色の場合は、年齢を重ねるにしたがって、人の歯は自然と黄色く変色していきます。全身疾患に由来する変色の場合、胎児の時期に、母親が服用した抗生物質や過剰に摂取したフッ素などの影響により歯が変色してしまうことがあります。

 

  • e_inquiry_100誰でもホワイトニングできますか?
  • e_inquiry_101
  • ほとんどの方が可能です。但し、妊娠中の方、妊娠の可能性が高い方 、授乳中の方。無カタラーゼ症の方はできません。1回で大きく改善される方、少しだけ改善される方等ホワイトニングの効果には個人差があります。

 

  • e_inquiry_100ホワイトニングは痛くないの? 副作用はないの?
  • e_inquiry_101
  • ホワイトニング中に感じる不快な症状として知覚過敏があげられます。一時的なもので症状が進行することはありません。どうしても知覚過敏が気になるという方のために、知覚過敏抑制剤もご用意しています。ホワイトニングによる知覚過敏は、歯のホワイトニングの主成分である過酸化水素が、歯の着色物質を化学分解する際に、歯の中の水分バランスが崩れ、一時的に脱水状態を引き起こすことが、痛みの原因と考えられています。 唾液など外部から、失った水分が補給され、元の水分量に戻ると痛みはなくなります。従来のオフィスホワイトニングは一時的な知覚過敏が伴うものが多かったのですが、当院のオフィスホワイトニングは知覚過敏による痛みが起きにくものを使用しています。

 

  • e_inquiry_100

安全ですか?

  • e_inquiry_101歯に悪影響はありません。 ホワイトニングで使用する薬剤(ジェル)の刺激により、一時的に歯がしみやすくなる事はありますが、使用する薬剤は、十分な臨床結果があり、 また、研究でも安全性が保証されています。ホワイトニング剤の主成分は過酸化水素または過酸化尿素であり米国食品医薬品局でも成分の安全性を保証しています。

 

  • e_inquiry_100どのくらいの期間で歯が白くなりますか?
  • e_inquiry_101個人差があります。オフィスホワイトニングの場合、一般的に1度の施術で、シェードガイド(色見本)で2~3段階は、明るくなります。ホームホワイトニングの場合は、約1週間程度で歯が白くなりはじめます。2週間~2ヶ月程度(個人差による)使用が理想的です。

 

  • e_inquiry_100ホワイトニングの効果はどれくらい維持しますか?
  • e_inquiry_101通常半年程度から2年程度かけ徐々に元の歯に近い色に戻り始めます。しかし、半年から1年に1回程度定期的にタッチアップをすることで白さが蘇り、白い歯が維持できます。定期的なクリーニング、ケアによっても大きく変わります。

 

  • e_inquiry_100ホワイトニング直後に気をつけることは?
  • e_inquiry_101酸性の食べもの・濃い色の食べもの・飲みもの等は可能な限り避けてください。
  • コーヒー・紅茶・コーラ・赤ワイン・カレーライス等